葬儀の流れ

いざとなると、何をしたら?どうしたら?とわからないうちに葬儀は終了してしまいます。
事前に葬儀の流れを知っておくと落ち着いて対処出来るでしょう。
また、事前にご相談していただくことで、より細やかなサポートが可能です。

1. ご臨終〜ご遺体の移送

病院でお亡くなりになった場合は当社までご連絡下さい。
24時間、年中無休にて寝台車の手配をいたします。(札幌市内無料)
その際、病院名・故人名・住所・電話番号をお伝えください。
病院までお迎え、ご遺体をご自宅に搬送いたします。
当社斎場への安置もお受けいたします。
※お電話でのご連絡 0120-401-594(24時間年中無休)

2. ご遺体の安置と枕飾り

ご自宅へ到着しましたら、安置場所を整え枕を北か西向きにお布団を準備し、枕飾りをします。
一般的な枕飾りは、故人の枕元に白木や白い布をかけた台を用意し、一膳箸・お水・団子をお供えします。
また、寺院に依頼し枕経を上げていただきます。

3. お葬式の打ち合わせ

予定場所の決定(ご自宅・ホール・寺院など)、葬儀の形式決定(仏式・神式・キリスト教・友人葬・自由葬)、通夜・告別式日時、火葬場手配、寺院手配、礼状・会葬品決定、新聞広告手配、死亡届手続代行、祭壇決定、遺影用写真お預かり、等の葬儀全般に関するお手配とお見積書の作成をいたします。

4. 湯かん・納棺〜式場までの移送

お体を清め、洗髪・髭剃り・お化粧をほどこし、仏衣をお着せし、納棺いたします。
この時、故人の愛用品なども一緒に納めます。
自宅を出発し、式場へ移送します。

5. お通夜・葬儀・告別式

ご遺族・ご親族の皆様方などの近親者や親しい人が集まり、故人の成仏を祈るお別れの儀式です。

|通夜|
導師様の読経や法話があります。読経中に喪主様より順番にご焼香していただきます。通夜終了後、ご遺族、親戚などで故人を偲ぶ通夜ぶるまいをします。

|葬儀・告別式|
故人のご冥福を祈り、お別れを惜しむ儀式です。
また、弔辞・弔電の拝読やご焼香をしていただきます。

6. 最後のお別れと出棺

お棺の中へお花をたくさん入れてお別れします。
かたちある最後のお別れ...火葬場へと出発いたします。

7. 火葬・お骨上げ

ご焼香後、お別れをし火葬炉に納めます。
火葬には、1時間30分程度かかりますので、収骨までは、待合室でお待ちいただきます。
血縁の深い方、3名様により箸渡しの儀を行い、その3名様以外のご遺族・ご親族の皆様方に収骨していただきます。

8. 還骨法要

会場へもどり初七日から四十九日、百ヶ日までの法要を繰り上げて行います。
法要終了後、ご遺族代表(喪主)の挨拶をします。
後飾り祭壇を四十九日(納骨)まで自宅に設置します。

9. 四十九日法要と納骨

親近者で法要を行い、お墓や納骨堂へお骨を納めます。
法要もファミリーホール月寒で行う事が出来ますので、ご相談ください。